2005年 09月 25日

引越し

blogの更新、本当に全然やってないのでそろそろカビがはえそうです。

サンフランシスコへ来て3週目。今だresidential club(家具付きの部屋。寮みたいなものですが、寮よりはまだいいってとこでしょうか)に滞在中ですが、10月1日にようやく引っ越せることになりました。

今はシアトルから届いた箱(2,3箱足りない..)も余裕で同居?できるくらい広い部屋に住んでますが、今後若干せまいstudioに引っ越すのでこれからは荷物は減らさなきゃ。

ひとまずこれから新しい部屋へ行って、部屋の中の寸法を図ってきます。今週末はバークレーのcrate&barrelのoutletへキッチン周りのものを物色しに、来週は引越しとともにemeryvilleのIkeaへ。狭いので前から狙っていた2,3人用の茶色ソファはあきらめないといけないけれど、久々の一人暮らしでいろいろそろえられるのと、何より自分の場所がようやくできるのが本当にうれしい。
[PR]

# by shimakei72 | 2005-09-25 02:44 | San Francisco
2005年 08月 29日

discovery park/seattle

d0045465_15425548.jpg

d0045465_15231654.jpg

シアトル最後の週末、Discovery Parkという、ピュージェット湾沿いにある公園へいってきました。

ダウンタウンよりバスに乗ること30分ほど。静かな住宅街を抜けてついた終点にDiscovery Parkはあります。住宅街近辺にありながら湾沿いの自然をうまく利用した公園。林の中をトレイルにそって歩いていくと、流木がたくさん打ち寄せられた海岸にでます。

遠くに見える灯台をみながら、切り立った岸壁沿いと海の間の砂浜を歩きます。やわらかい砂、エッジを縫うように生えている背の高い草々。今日は天気もよかったので、青い空の下で潮風に吹かれながらあるく海辺は、本当に気持ちがよかったのでした。

平和で穏やかな午後だった。サンフランシスコでもこんな場所を見つけられればいいな。

なんとなく、以前にいった北海道の積丹半島(じゃなかったかな..どこだったっけ?)を思い出しました。
[PR]

# by shimakei72 | 2005-08-29 15:36 | plants/park
2005年 08月 25日

時間がたつのが早い

d0045465_3503246.jpg


家の近所にある古本屋の猫。

今年の冬にはまだひょろりとしたかわいい子猫だったのに、すでにおっさんの貫禄が漂っている...時間がたつのが早い。
[PR]

# by shimakei72 | 2005-08-25 03:51 | 散歩
2005年 08月 22日

Bainbridge Island/Washington

以前から知り合いに誘われていたので、シアトルからフェリーで30分のところにある、Bainbridge Islandに行ってきました。

d0045465_1539775.jpg

d0045465_15393710.jpg
当初の予定があっというまに終わったので、今この島でやっているCollocationというPublic Artを見にいくことに。
Pritchard Parkという、以前に汚染された木材工場跡地で行われているprojectですが、これが結構面白かったのです。海岸沿いにある森の中にルートが設定されていて、順路にそって見て回ります。詳細は http://collocation2005.blogspot.com/ にありますが、人間の活動の結果として今その場に残されているものに対してアートでその意味を表現されているのがとても面白かった。なにより、森の中、海岸線をまわりながらvisitorが発見していくという過程が楽しい。



d0045465_15512861.jpg

d0045465_1552882.jpg
それでも時間があまった..というので、橋でつながっているとなりのとなりの島までドライブ。port townsendという小さな島ですが、古い町並みや岬に灯台があったりで、これもまたよかったのです。

途中の道でワゴンにたくさんダリアが置かれていて、これもきれいだった。タダでもっていっていいよ、と書いてあったので2本ほどもらって帰りました。

なんだか妙にのんびりした日曜日でした。将来島に住むのもいいな。今はまだいいけど。
[PR]

# by shimakei72 | 2005-08-22 16:04 | seattle
2005年 08月 21日

引越しその2

d0045465_17412846.jpg
 
引越しをするのに、とても心残りなのが↑これ。 離れるのはとてもさびしい。

補足:当然ですが、シアトルの友達と別れるのはつらいです。とても。
[PR]

# by shimakei72 | 2005-08-21 17:42 | cat
2005年 08月 21日

引越し

d0045465_1322355.jpg

9月からはじめる仕事の都合でシアトルからサンフランシスコへ引っ越すことになりました。

もともとあまり荷物がない..といっても本が異様に増えたけれど、それを除いては物は比較的少ない。でもこの際だからいらないものは積極的にへらしていこうと思います。着てもいないのに妙に大事にとっている服や、もう明らかに使わないものなど。あと数年はどこに落ち着くのかわからないけれど、本格的に落ち着くところが決まるまで、あまりものを増やさない方向でいこう。

もうひとつ、引越しをしようかと思っているのが、mixiの日記。blogをはじめたわりに、どちらに書いていいのかわからなくてものすごく困っていたりする。mixiは友達限定となっているのでprivateなこともあまり迷いなく書けるけれど、こちらは誰でもaccessできるようにしているから、書く内容も無難にしています..というより、もともと、こちらのblogはlandscape関係でいろいろ書こうと思って作ったものだった。

まだまだちょっと迷いがあるのだけれど、おそらく今後はblogとmixiをリンクさせることにします。

...引越し先早くきめないとな、と思いつつ、残りの休みをだらだらとすごしているこのごろ。
[PR]

# by shimakei72 | 2005-08-21 01:34
2005年 08月 18日

560 Mission Street/ San Francisco

job interviewのため、またまた移動。サンフランシスコーサクラメントへ行ってきました。
インタビューはぼろぼろで帰りの飛行機でかなりへこんで帰ってきましたが、結果的になぜか両方からofferを頂いたのでよしとします。面接っていったい何が決め手になるんだろう?わからん...ま、ひとまず9月から仕事開始です。無職期間終了。よかった。

サンフランシスコで訪れた560 MIssion Streetにあるopen space。小さいながらシンプル、でもデザインはものすごく強いラインで作られてます。なのにFunctionalでもあり(アクセス、rest spaceともに)、使う人が好きな様に場所を利用できる、とっても懐の広い?デザインです。狭いところながらも、横にあるブロックのオープンスペースとの空間のリンクすら感じられます...ええと、何がいいたいかと言うと、結局すごく好きなデザインなのです。それだけ。そしてこれを考えた人の下でおそらく働くことになると思うと(私が面接を受けた会社にこのデザイナーが異動していたので)かなりワクワクでもあるのです。

まあ、個人的には植えられた竹がこれからどう成長するのか気になるところですが。

d0045465_16221333.jpg
d0045465_16223838.jpg



560 Mission Street/Hart Howerton
http://www.harthowerton.com/projects_commercial.cfm
[PR]

# by shimakei72 | 2005-08-18 16:28 | Landscape
2005年 08月 12日

San Diego/La Jolla

d0045465_17275210.jpgd0045465_1728499.jpg


旅行記をupしようと思いつつなかなかblogに書き込まないので、ひとまずなんでもいいからupしていったほうがよいようだ。ということで、先週末から就活でいったSan Diegoの話をup。

Californiaにある、San Diego-La Jolla/Irvineへいってきました。月曜日に面接が2つもありながらその直前までportfolioが終わってなかったので、結局La Jollaにある友達の家&officeで作業することに。なのであんまりSan Diegoそのものは楽しまずにシアトルに戻りました...って、結局何もSan Diegoに関して話すことがない。

それでも日曜日にはLa Jollaにある、建築家Louis Kahnが設計したsalk instituteには一応行きました...が、写真をみて気づく方は気づくと思います。この建物の一番の目玉と思われる中庭と空の景色がうつっていません。週末には建物内が建築ツアーの一定の時間しかあいておらず、securityにお願いしてもは入れなかったので結局外から見るだけで終わってしまったのです...ああ、くやしい。

San Diegoには初めていったのですが...この場所は基本的に車がないと死ぬところだな、ということは実感。あと断水・停電でも起ころうものならこの街では多分生き残れないだろうな、とか。Disney Land的なきれいさの中に、人間が作りえる環境の限界を見たような気がしました。以前からSan Diegoで仕事を、と考えてましたが(..というより、激しい思い込み)、さすがにちょっと考えるな。なによりシーズンがないのがつらい。

面接の結果は今週中、遅くても月曜日には分かるようですが、まあ、正直どうなるかわからないので引き続き3つくらい面接を受けます。で、さっそく週明けからサンフランシスコーサクラメントです。今度こそ何かちゃんと見てきてやる、と渕上氏の書いた”アメリカ建築案内”を物色中。

...いや、基本的に面接の方が大事なんだけれど。



Salk Institute for Biological Studies (Architect:Louis Kahn)
http://www.aroots.org/notebook/article26.html (...フランス語ですがimageがよいので)

アメリカ建築案内(淵上 正幸:西海岸を中心に建築作品を紹介。地図+解説付き。おすすめ) http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4887062486/249-4940205-9385121
[PR]

# by shimakei72 | 2005-08-12 17:43 | architecture
2005年 08月 01日

NY-guggenheim museum

NY旅行記を若干up。

d0045465_16271811.jpgd0045465_16273290.jpg








NY滞在中に訪れたguggenheim museum。 F.L.ライト(1959)の作品。

ホール内部はらせん状に通路が降りていき、ゆっくりとらせんをたどりながら、壁面に置かれた展示を見るようになっています。よくコメントされているようですが、フラットに作品がおかれていても、通路にスロープがかかっているので何だかmuseumとしては、見ずらいな、とは思います。でも、ホールは優雅で圧倒的。光の取り方、白い壁への反射の仕方のせいか、imageは2001年宇宙の旅、でした(注:サルじゃありません。宇宙ステーション内です)。

ホール以外の展示場では、柱とソファの形が同じであったり、フロアにもパターンがリフレクトされてたり、それぞれの階で違うパターンを作っていたりと、細かな、でも分かりやすいディテールデザインがされています。

特に気に入ったのは、reading roomへの扉。大きな丸いスライディングドア。少し奥まって、ちょっとかがんで入る感じがなんだか秘密の場所へ入るようなワクワク感があって、子供なら楽しいだろうな、と思いました。私でもたのしかったです。写真がとれなかったのが残念。

NYでは主に公園を訪れたのですが、ひとまずこれをup。小出しにちょこちょこupしていきま
す。


Guggenheim Museum, NY
http://www.guggenheim.org/new_york_index.shtml
[PR]

# by shimakei72 | 2005-08-01 16:30 | architecture
2005年 07月 31日

お怒り

d0045465_13265626.jpg


お腹がへったというのでごはんを上げましたが、まずくて嫌いな缶しか残っていなかったので、かなりお怒りらしいです。さっきから横でこんな感じでにらんでます。大飼い主に電話までしてごはんをあげたのに、八つ当たりだ。ひどい。
[PR]

# by shimakei72 | 2005-07-31 13:31 | cat