ヒビキノミナモト

shimakei.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:plants/park( 2 )


2005年 08月 29日

discovery park/seattle

d0045465_15425548.jpg

d0045465_15231654.jpg

シアトル最後の週末、Discovery Parkという、ピュージェット湾沿いにある公園へいってきました。

ダウンタウンよりバスに乗ること30分ほど。静かな住宅街を抜けてついた終点にDiscovery Parkはあります。住宅街近辺にありながら湾沿いの自然をうまく利用した公園。林の中をトレイルにそって歩いていくと、流木がたくさん打ち寄せられた海岸にでます。

遠くに見える灯台をみながら、切り立った岸壁沿いと海の間の砂浜を歩きます。やわらかい砂、エッジを縫うように生えている背の高い草々。今日は天気もよかったので、青い空の下で潮風に吹かれながらあるく海辺は、本当に気持ちがよかったのでした。

平和で穏やかな午後だった。サンフランシスコでもこんな場所を見つけられればいいな。

なんとなく、以前にいった北海道の積丹半島(じゃなかったかな..どこだったっけ?)を思い出しました。
[PR]

by shimakei72 | 2005-08-29 15:36 | plants/park
2005年 06月 15日

うれしい知らせと悲しい知らせ

今回は少し長い話です。

d0045465_11301010.jpgd0045465_11303217.jpg


このところ、なぜか日に一通は、ささやかながらもいい知らせのメールや、久々の連絡のメールなどを受け取っていて、それなりに楽しくメールをチェックしていました。

その中でも特に昨日届いたメールは特別でした。私がアメリカの大学院にapplyする時にreferenceを書いて下さった方で、もうずいぶんと連絡をしていなかったのですが、他の人にメールアドレスを聞いて元気にしているかどうか、メールを送ってくれたそうです。イギリスにある植物園で以前インターンをしたときに本当にお世話になっていた方です。久々にこの間本屋さんで写真を見た時に、そろそろ報告の連絡をとらないとな..と思っていた矢先だったので本当にうれしかった。相変わらず、やさしく人を思いやるいいメールで、修論が終わったばかりの(若干)ささくれだった心には、とてもうれしかったのです。

時間があるときにでもreplyを、と書いてあったので、今日さっそく返事を、と思って返事を書いたのですが、しばらくしてauto-replyメールが届き、よくよく見てみると、残念ながら昨日突然亡くなった、というお悔やみのauto-replyメールでした。しばらく呆然としてしまいました。

3年前に大学院に入ってからその間というのは、本当にいつも何かに追われている感じがして、ろくに今までお世話になった人達や、ここにこうしていることをサポートしてくれた人達に連絡もとれないまま、感謝も伝えられないままできたのですが、こうした別れがあると、もっとちゃんと気持ちを伝える方法があったのになぜしなかったのか、と本当に悔やみます。

その時その時で私はどうも手一杯になってしまうクセがあり、今までそうした出会いがあってここにいること、そして、今この時があってこれからがあること、をどうしても忘れてしまいます。機会があって今めぐり会えた人達もずっと一緒にいるということはなく、どこかのタイミングで別れないといけないということになります。また今度、とか、いつか、とかはやっぱりなくて、その時その時で、ちゃんと気持ちを伝えていくこと。いい関係を築くこと。感謝していくこと。ものすごく考えさせられました。人と人との関係も時には、気持ちの行き違いがあって(のことだろうと思われる)、ムカつくこともあったりするのですが、少し大人になる時期にきたのかな、とも考えさせられました。

それにしても本当に悲しい。今までいろいろありがとう、と書いた気持ちが届かなかったのがとても悔やまれます。

...Ianの魂が安らかに眠りますように。
[PR]

by shimakei72 | 2005-06-15 12:23 | plants/park